2016年10月2日

2016年10月2日

民宿の全客室に「非常ベル」設置

 

 

きっかけは、以下のようなクチコミ連絡。

 

−一人旅の途中で宿泊。
土曜日にも関わらず、格安で利用出来たのは嬉しかったです。
ただ深夜2時頃に酔っ払った別部屋の方が長時間こちらのドアをガチャガチャガチャガチャしていて怖く、ダメ元でフロントにかけましたが、やはり繋がらず。一人旅はフロントに人がいるところの方が安心なのかなぁと思ってしまいました−

 

これまでの考えでは、

 

営業時間中の御用は、客室のインターホンでフロントに連絡していただく。

 

営業時間外の御用は、スタッフルームのドア横についている呼び鈴♪を鳴らしていただく。

 

これで事足りると思っていました。
ところが、上記のような場合は部屋から出ることができません。

 

いろいろ考え、探した結果、楽天で下記の商品を見つけました。介護施設や病院で使用されるような呼び鈴です。

 


 

 

ボタンを押されると、当直スタッフは何号室のボタンが押されたか分かるようになっており、そちらへ伺うことができます。
(当館は全部で8室なので、この商品でぎりぎり間に合います)

 

これで、お客様に安心して夜間もお休みいただけるようになったと思います。